気落ちの整理

休養と薬物治療が必要です

悩みこんでる女性

慢性的なストレスを受けることによりあらゆることに意欲が湧かなくなり、2週間以上憂鬱な状態が続くうつ病の症状を発症することがあります。精神的な苦痛だけでなく体の不調を訴えたり、程度によっては生活に支障が出てくることがあります。うつ病の治療にはまず休養が大切です。うつ病を発症しやすい性格に真面目で責任感が強く頑張りすぎる側面があります。責任感の強さから職場を休むことなく働き続け、悪化してしまう場合もあります。うつ病の程度によっては休職の必要性があります。そして薬物療法によって体内の異常を修正していきます。脳内で感情を司る神経伝達物質がうまく働かなくなることで自分自身をコントロールできなくなるため、抗うつ剤による治療を行います。

周囲の手助けが大切です

抗うつ剤などの薬物療法には副作用の問題があります。セロトニンやノルアドレナリンの量を調整する抗うつ剤を使用することで、憂うつや不安を抑制する効果が表れます。副作用として吐き気や便秘、下痢などの症状が初期に伴います。現在では副作用が少ないものが数多く開発され、体質に合わせた抗うつ剤を使用することで成果を上げることができます。休養、薬物療法と共に治療に大切なのは精神療法です。否定的な思考を整理して、より柔軟な思考を取り戻す認知行動療法は、ぶり返しの予防として効果的です。精神科では、精神保健指定医師の資格がある臨床心理士や精神保健福祉士が対応してくれます。そしてなにより治療に大切なことに家族や友人の支えがあります。治療中、うつ病は気分や性格の問題ではなく病気の問題であると周囲に伝え、協力を得る事も大切です。

治療費問題をクリアする

うつ病になったら最も良い方法は専門医に診せて直ぐに治療を開始する事であり、後回しにする程に事態は深刻化する上に自分でも動けない状況となるので甘く見ると危険です。 特にうつ病が悪化すると信じられない程に行動力が低下しても来るので更なる悪循環に陥る事が多く、特に金銭面に関する負担は最初の内で解消しておく必要もあります。 一般的にうつ病の治療に必要とされる金額は一回に付き三千円程度とされていて、月に最低でも四回受診するので一万二千円以上かかって来る事になるのです。 一ヶ月程度で治療が完了する事はまずありえないので数ヶ月はかかると見ておくとよく、これだと十万円にも届く勢いとなりますが補助制度を活用すると半分から三分の一にまで抑えられます。

うつ病への新たな対処

うつ病への認識は広まりつつありますがまだ社会全体を見回すと不十分な面があり、結局の所は自分で色々とカバーした形で対処すると言った事が多いのも事実です。 しかし近年ではそう言った患者の負担を減らす仕組みや支援制度の導入が始まっており、治療に専念できる様な病院といった物も誕生して来ていて回復し易くなって来てもいます。 これらの特徴としては社会復帰まで見越した形で治療に当たると言った事が行われており、回復後の懸念といった物も取り去る形でより良い方向へと導く様にしてもいるのです。 更にはうつ病その物の研究が進んだ事でタイプ別に分ける形で治療方法も用いられる様になっていますので、専門の医療機関の重要せは更に増して来てもいます。

悩む男性

取り入れる手法

うつ病の治療で1番大切なことは休養です。仕事や家事から離れてゆっくり休養しましょう。休養しながら病院での治療をきちんと受けるようにします。病院では薬物療法、行動療法、薬を使わない磁気刺激治療等があります。

笑う女性

早く病院へ行くこと

うつ病も他の病気と同じで、悪化すると治りは遅くなります。早く病院へ行って治療することが大事ですが、行くときは前もって問い合わせをしておきましょう。また、家族や友人に同行してもらうと、気持ち的に楽になります。

両腕を広げる

理解を得る必要性

うつ病治療は医者を頼って回りへの理解を求める様にすると良く、休息する事を第一として周囲に協力を取り付けるべきでもあります。同時に、治療効果を高めるために楽しい気分になる事も少しづつやると良いのです。

スマイルマーク

費用軽減を視野に

うつ病の治療は医者の判断によって初めて回復出来たと分かる物であり自己満足は禁物で、更には長期に渡る治療に臨む為に支援制度等を活用すべきです。費用軽減を視野に入れ、取り入れられるものは取り入れると良いです。